Redmine Japan Vol.2

〜明日の仕事を変えるために
必要なモノ〜

2022. 2. 25 FRI

フリーイベント 参加お申し込み

昨年度の開催内容はこちら → Redmine Japan 2020

基調講演

プログラマ、テスト駆動開発者 和田 卓人氏

プログラマ、テスト駆動開発者
和田 卓人(ワダ タクト)氏


タワーズ・クエスト株式会社
学生時代にソフトウェア工学を学び、オブジェクト指向分析/設計に傾倒。執筆活動や講演、ハンズオンイベントなどを通じてテスト駆動開発を広めようと努力している。
『プログラマが知るべき97のこと』(オライリージャパン、2010)監修。
『SQLアンチパターン』(オライリージャパン、2013)監訳。
『テスト駆動開発』(オーム社、2017)翻訳。
『Engineers in VOYAGE』(ラムダノート、2020)編者。
テストライブラリ power-assert-js 作者。

講演名(調整中)

講演内容(調整中)


市谷 聡啓氏
           

市谷 聡啓(いちたに としひろ)氏


株式会社レッドジャーニー代表取締役社長
リコーDXエグゼクティブ
founder of DevLOVE、「リーン開発の現場」翻訳者、「カイゼン・ジャーニー」著者、「正しいものを正しくつくる」著者
サービスや事業についてのアイデア段階の構想から、コンセプトを練り上げていく仮説検証とアジャイル開発の運営について経験が厚い。
プログラマーからキャリアをスタートし、SIerでのプロジェクトマネジメント、大規模インターネットサービスのプロデューサー、アジャイル開発の実践を経て、自らの会社を立ち上げる。それぞれの局面から得られた実践知で、ソフトウェアの共創に辿り着くべく越境し続けている。

自分自身がアジャイルになる

プロジェクトやチームがアジャイルであるように、日々私達は様々な工夫や試みを行っているはずです。こうした取り組みを組織へと広げていくことが昨今のデジタルトランスフォーメーションの中核となりつつあります。一方で、自分自身にも目を向けてみましょう。明日の組織やチームを考える「自分」の明日を支える仕組みをどのくらい作れていますか。チームのアジャイルに取り組みながら自分自身の支えは精神論だけ、ということになっていませんか。セルフマネジメントにもアジャイルを。Become agile yourself

 

セッション・LT募集中

募集要項はこちらをご覧ください
セッション・LT募集要項

セッション・LTのお申し込みは、こちらのフォームからお手続きください。

セッション・LTお申し込み

 

締切:2022年1月24日(月)23:59まで

           

スポンサー

Gold

Silver

募集要項はこちらをご覧ください
Redmine Japanスポンサー募集要項

スポンサーのお申し込みは、こちらのフォームからお手続きください。

       

Silverプランのみ 残り3枠!

 

Goldプランは上限に達しました。Silverプランのみ残り3枠先着順で募集中です。

お問い合わせ

REDMINE JAPAN 実行委員会

redmine.japan.org@gmail.com